研究内容

 研究テーマ

  • 砂礫浜海岸の減災・保全対策を検討するための新たな数値波動水路の提案と現地への適用

 研究内容

四方を海に囲まれている日本において,津波・高潮・高波などの沿岸災害から逃ることはできません.特に,日本では経済活動が沿岸域に集中していることから,沿岸防災対策は重要課題です.

一方,砂浜の侵食が進んでおり,貴重な国土が年々消失しています.波の減衰効果を持つ砂浜がなくなると,背後地の被災リスクが高まります.したがって,減災を図るためには保全が必要であり,沿岸域を保全することは減災につながります.

本研究では,減災・保全対策を講じる際に検討が必要不可欠な風と移動物体を考慮できる数値計算手法を開発し,数値波動水路CADMAS-SURF/3Dに導入することを目的としています.

さらに,砂礫浜の侵食により背後地が越波被害を受けている七里御浜海岸を対象に,地上レーザースキャナを用いた詳細な現地測量を行い,七里御浜海岸の変動と侵食対策の効果を評価するとともに,提案した数値計算手法により七里御浜海岸の減災・保全対策を提案することを目指しています.


 現在取り組んでいる課題


 科学研究費補助金

  1. 砂礫浜海岸の減災・保全対策を検討するための新たな数値波動水路の提案と現地への適用,若手研究(A),平成26年4月〜平成28年3月(予定)
  2. 沿岸域の減災・保全対策の検討に必要な数値計算手法の提案と現地への適用に関する研究,研究活動スタート支援,平成25年9月〜平成26年3月
  3. 高潮・高波時における護岸周辺の越波災害評価システムの開発,特別研究員奨励費,平成21年度〜平成22年度

 論文タイトル

  • 博士論文
    • 風外力を考慮したリーフ地形の波浪変形と護岸越波に関する研究

  • 修士論文
    • 沖縄本島北部海域を対象とした道路護岸の越波対策に関する研究

 業績

学術論文

国際会議論文

口頭発表

アクセス数

0059539

メニュー

研究日誌

<< 2021-10 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※太文字をクリックすると日別の日記が表示されます.